1. ホーム
  2. エンジニアの転職
  3. ≫英語力があれば、エンジニアは転職しやすくなる

英語力があれば、エンジニアは転職しやすくなる

エンジニアの方は英語力があれば、転職しやすくなります。英語力のある方は、日本の企業に転職する時もプラスになりますが、外資系だったらさらに有利になります。外資系の企業でもエンジニアを多く採用しており、特に実務の経験のある方だったら、即戦力jとして働けるので歓迎する外資系の企業の数は多くなっています。外資系で働くのだったら、TOEICで最低でも600以上のスコアを持っていることが求められます。700以上のスコアをお持ちの方だったら、採用の時に優遇されるでしょう。TOEICで700以上の取るのは、容易なことではありません。それでも外資系の企業で、エンジニアとして働くことができます。TOEICのスコアが500から600程度だったら、アジアに拠点を置く外資系の会社を狙いましょう。アジアにある会社でも仕事をするときは、英語を使います。社員にネーティブの人は少ないので、欧米の会社にくらべて高い英語力は求められません。アジアの企業の中には、TOEICのスコアが500の後半で応募できるところもあります。TOEICのスコアは高くなくても良いのですが、英語を使ってコミュニケーションできることは求められます。もし英会話の能力に自信がなかったら、3ヶ月程度学校に通ってから応募するのも一つの方法です。英語力に意外に求められるのは、エンジニアとしての仕事の経験です。エンジニアとしての仕事の経験が豊富だったら、英語力は多少劣っていても、採用されることは多いです。この種の仕事は、外資系の仕事を取り扱っている転職サイトで見つけやすいです。外資系の場合は、履歴書の書き方からして、日本の企業とは異なっています。無料で登録できるので、自分に合ったところに登録してみましょう。登録すれば、キャリアコンサルタントのサポートを受けられるようになります。履歴書の書き方や面接の受け方をアドバイスしてもらえるので、転職の時に有利になります。